So-net無料ブログ作成
果物のパワー ブログトップ
前の10件 | -

リンゴのパワー [果物のパワー]

《 林檎 Apple 》

コーカサス原産のバラ科の植物。
人類が食べる最古の果物のひとつで、創世記のアダムとイブが食べた「禁断の実」=リンゴは、あまりにも有名です。

またギリシャ神話には「人を永遠の世界に導き、永遠の生命と幸福を与えてくれる果実」として登場します。

イギリスには、「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」と言うことわざがありますが、実際リンゴにはビタミン類、酵素、有機酸、糖類、ミネラル類がバランスよく含まれています。

リンゴを毎日食べると、高血圧を予防でき、肝臓がん細胞の増殖が抑制されたという研究報告もあります。
これらの要因に、便通をよくして、血中コレステロールを下げるペクチンや、腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖、活性酸素を除去するポリフェノールが含まれているためだと考えられています。

また、リンゴ酸には炎症を癒す作用があるので、気管支炎や膀胱炎などの治癒を助けてくれます。

漢方でも、リンゴは「元気をつけ、だ液を出して渇きを止め、胃腸の働きを良くする」としています。



・・・・。。。。 おばあちゃんの知恵袋(民間療法) 。。。。・・・・

●下痢・・・果実一個を皮ごとすりおろして食べる

●便秘、高血圧・・・果実一個を皮ごと食べる

●肥満、生活習慣病・・・ニンジン2本とリンゴ1個をミキサーにかけて飲む(朝食をこれだけにする)



★リンゴの皮のベタベタはワックスなの?

いいえ、違います。

りんごは成熟するにつれてリノール酸やオレイン酸などの脂肪酸が増えてきます。

これが皮に含まれるロウ物質を溶かして表皮に現れてくるため、ベタベタネトネトしたように状態になります。

これは、りんご自身の天然のロウ物質が、保温や水を通さない役目をしているので、完熟して食べ頃になったしるしとも言えます。

特に、ジョナゴールド、つがる、千秋などでよく見られますが、ふじや王林はあまりベタベタしません。



イチジクのパワー [果物のパワー]

《 無花果 Fig 》

アラビア南部原産のクワ科の植物。
人類が食べる最古の果物のひとつで、紀元前3000年には既に栽培されていました。
旧約聖書に最初に登場する木がイチジクで、創世記に『アダムとイブがイチジクの葉を綴りて前垂れをつくれり」とあります。

日本には1630年頃に伝わりました。イチジクの語源は、ペルシャ語のアンジールからイチジクになった説と、実が一日に一個熟すから一熟でイチジクになった説があります。

イチジクが無花果と書く由来は、中国の唐時代の書物に「花無くして実あり」と記述があることから来ているようです。

しかし、実とされる食用部分は肥大した花房です。イチジクは花も実も無い植物と言えますね。

イチジクは昔から民間療法や漢方薬でも重宝されてきました。
糖分を大量に含み、ビタミンB1、B2、C、カルシウムも多く含まれています。

イチジクは下痢止めや痔の薬としても有名です。中国では「五痔」の薬として使用されています。

イチジクには消化酵素も大量に含まれているため、胃腸が弱い人や妊婦さんでも安心して食べられる果物です。


・・・・。。。。 おばあちゃんの知恵袋(民間療法) 。。。。・・・・

●イボ、魚の目、水虫・・・イチジクの葉や茎を切ると出てくる白い乳液を擦り込む

●便秘、下痢・・・果実をよく噛んで、一日に5~6個食べる

●痔のはれ、痛み・・・イチジクの葉を煎じた液で患部を洗う



ぶどうのパワー [果物のパワー]

《 葡萄 Grape 》

コーカサス地方原産のブドウ科の植物。
紀元前3000年のエジプト文明時代から栽培されており、日本には12世紀に伝わり、平安時代には栽培されていました。

ブドウの主成分はブドウ糖と果糖で、ブドウ糖は医療でも主に疲労回復として使われています。
ブドウには多くのビタミンやミネラルが含まれており、まさに栄養剤なみの食べ物です。
最近では、皮に含まれるレスペラトロールが、活性酸素を除去し、心臓病やガンをはじめ、様々な病気の予防に役立つことが解ってきました。

ブドウは世界各国でも民間療法の素材として古くから利用されてきました。
イギリスでは不眠症やむくみの妙薬として用いられるほか、オーストラリアやドイツでは収穫期にブドウだけを食べて過ごし生活習慣病を治療する方法「ブドウ療法」が行われています。

貧血には鉄分などが凝縮された干しブドウ(レーズン)がおすすめです。

またブドウの皮にはポリフェノールが多く含まれ、長寿遺伝子を活性化させる研究結果もあります。
ジュースにして皮ごと摂取するのがブドウの栄養を効果的にとる方法です。



☆☆オヤジのチョーイチオシブドウ『シャインマスカット』☆☆

大粒・激あま・種なし・皮ごと食べられる 房も大きくて見栄えのするマスカット(^^♪
文句のつけようがないんじゃないっすか?
九州では主に、大分の日田や天ヶ瀬で栽培されており、初めて食べたのが平成24年の夏。確か7月下旬だったかなぁ・・・
あまりのゴージャスさに一瞬ひるんだものの、誕生日が近かった事もあり思いきって2房購入。
店で計量してもらったら2房で1.8kg。ん?100g計算だとパック売りの巨峰よりもぜんぜん割安じゃん。

翌日の朝、冷えたシャインマスカットを一粒口に含み、奥歯でシャリっと噛んだ瞬間、あふれ出す冷たい果汁、次に押しよせる濃厚な甘さ!
九州でもこんなに美味いブドウが作られるようになったんだなぁ・・・感涙

昨年(平成25年)は、これをお中元に配りまくったことは言うまでもなく、しかもこんなに喜んでもらえた品もなかったな~。

今年ももうすぐシャインマスカットのシーズンがやってくる。
日本の研究熱心な生産者に感謝!


かきのパワー [果物のパワー]

《 柿 Japanese Persimmon 》

中国原産のカキノキ科の落葉高木。
日本への伝来は飛鳥時代と言われており、平安時代には干し柿が盛んに作られていたとの記録があります。

最近では、ヨーロッパやアメリカでも『KAKI』の名前で店頭に並んでいるようです。

柿の実は昔から二日酔いさましに良いと言われていますが、実際に柿にはアルコール分解酵素があります。またカリウムが豊富に含まれているので利尿を促してくれるのが酔い覚ましに効くとされているのでしょう。

ほかには、リンゴの約500倍のビタミンCが含まれ、ビタミンA、糖分、ペクチン、タンニン、が豊富な栄養価の高い果物です。タンニンは血管をしなやかにする効果があるので、高血圧や脳卒中の予防にも良いとされています。

日本特産の甘柿は糖度が高く、渋柿が主流の中国や韓国でも人気がありますが、生柿を食べ過ぎるとお腹を冷やし、腹痛や下痢をおこす場合があります。そのため、冷えからくる神経痛やリウマチの人は注意しなければなりません。

生柿は体を冷やす陰性食品ですが、干し柿になると体を温める陽性食品に変化します。
干し柿は、胃腸を丈夫にし、体力を補い、咳や痰を沈め、二日酔いにも効きます。



〇〇〇〇〇 渋柿から渋を抜く方法 〇〇〇〇〇


①アルコール脱渋

ヘタの部分を焼酎に浸してビニール袋に入れて口を縛っておく。約一週間で渋が抜ける。


②リンゴ脱渋

渋柿とリンゴを一緒のビニール袋に入れて口を縛っておく。約一週間で渋が抜ける。
渋柿5個に対してリンゴ2個が目安。



・・・・。。。。 柿酢の作り方 。。。。・・・・

昔からの健康食として柿酢が有名だが、オヤジも一度挑戦したことがある。
作り方は大変イージー。かめに柿の実をいっぱいに詰め込んで1年間ほったらかしておくだけ。
自然に発酵して酢が溜まるので、それをガーゼで濾して口が狭い焼酎の瓶などに移して、更に半年から1年熟成させる。
酢ひとつ作るのに気の長いことだが、3年経った今も綺麗な飴色の柿酢を、気が向いたときにハチミツと氷を加えて飲んでいる。



すもものパワー [果物のパワー]

《 すもも Japanese Plum 》

バラ科の植物で、コーカサス地方南部の西洋スモモと、中国原産のスモモがあり、中国から渡来したスモモが日本で広がりました。
スモモの歴史は古く、古記事や日本書紀、万葉集にも登場します。

スモモ(酸桃)の名前の由来は、熟す前は酸味が強いからです。

スモモは、英語でプルーン、フランス語でプラムと呼ばれています。

中国では古くから健康に役立つ五果の一つとして大切にされてきました。
スモモは肝を養い、肝熱を治し、瘀血を防ぐとされ、漢方薬としても使用されてきました。

酸味成分は、クエン酸、リンゴ酸、コハク酸などの有機酸で、疲労回復に効果があります。
また、鉄の含有量は果物の中でも断トツに多く、貧血の予防や改善に最適です。
貧血の薬で胃もたれする人は、プルーンを代用すると良いようです。

ドライフルーツのプルーンは、鉄、ビタミンA、カルシウム、カリウムなどが凝縮された優れた健康食品です。食物繊維のペクチンも多く、便秘の解消にも役立ちます。

最近では、活性酸素を除去するクロロゲン酸が含まれることも確認されており、常備したい食物のひとつですね。


****** おばあちゃんの知恵袋(民間療法) ******

●二日酔い・・・生食が一番効果的。ニ、三個食べることで、有機酸が肝臓の働きを促進させ、利尿を促す。

●便秘・・・紅茶二杯にドライプルーン4個、砂糖適量を入れて、柔らかくなるまで煮て紅茶も一緒に食べる。


・・・・。。。。。 プラム酒 。。。。。・・・・

梅雨のわずかな時期にしかお目にかかれない『奄美プラム』でプラム酒を作ろう!
奄美プラムは深いワイン色の果肉が特徴で、プラム酒にすると赤ワインのような真紅の色が楽しめます。

奄美プラム1kg ホワイトリカー1.8L 氷砂糖300g~500g
3か月目から飲めるようになります。


キウイフルーツのパワー [果物のパワー]

《 キウイフルーツ Kiwifruit 》

中国原産のマタタビ科の落葉つる性小木。中国名を「羊桃」と言う。

1900年頃にニュージーランド人が中国から種を持ち帰り、品種改良によって甘いキウイフルーツが作られました。見た目がニュージーランドの代表的な鳥であるキウイに似ていることから、この名前が付けられました。

日本には1964年東京オリンピックの年に輸入されましたが当時は一般的ではなく、70年代半ばに入ってから普及しました。

キウイフルーツはビタミンCが非常に多く、1個で一日の必要量を摂取できます。

ペクチンも多く含まれ、便秘の解消や高脂血症、糖尿病の予防に役立ちます。

また銅も含まれていますので、血を作る働きをします。

キウイフルーツはタンパク質分解酵素のアクチニジンが含まれているので、お肉を食べた後に食べると胃もたれを防ぎ消化を助けます。

近年では国産のキウイフルーツも出回るようになりました。
我が福岡でも八女茶で有名な八女で生産が盛んです。


グレープフルーツのパワー [果物のパワー]

《 グレープフルーツ Grapefruit 》


西インド諸島の原産のミカン科の常緑小高木。正式名称は「ポメロ Pomelo」。
ブドウのように房になって実が付くように見えることからグレープフルーツと呼ばれるようになりました。
現在、フロリダとカリフォルニアで世界シェアの80%を生産しています。

グレープフルーツの含有成分はほかの柑橘類とほぼ同じですが、ビタミンCは、レモン、オレンジに次いで多い果物です。常食すると脳血管障害(脳卒中)や心臓病の予防に役立ちます。


注意しなければいけないことは、血圧を下げる薬のうち、「カルシウム(Ca)拮抗薬」という種類の薬は、「CYP3A4」という酵素で分解され排泄されます。
グレープフルーツジュースはこの酵素の力を弱めてCa拮抗薬の分解を遅くするため、薬が効きすぎて血圧が異常に下がってしまう危険性があります。
薬を飲んで4時間経ってから食べるように注意が必要ですが、人によってはグレープフルーツの成分効果が持続する場合がありますので、降圧剤を常飲している人は食べないほうが無難です。

そのほかの栄養素として、酸味のもとであるクエン酸が豊富です。だ液と胃液の分泌を促すので、食前に食べるのがおすすめです。

グレープフルーツにはホワイト(白肉)とルビー(赤肉)がありますが、赤肉のほうがよりβカロチンが多いので体内の活性酸素を取り除く力が強く、ガン予防には有効です。

またグレープフルーツはダイエットにも期待できることが解っています。香り成分のヌートカトンがエネルギー生産をアップさせるので、継続して摂取したり、香りを嗅ぐことによってダイエット効果があると言う研究データがあります。


****** おばあちゃんの知恵袋(民間療法) ******

●タバコを吸う人は、生ジュースをコップ1杯毎日飲むと、ビタミンCがニコチンの解毒をしてくれます。

●生ジュースをお湯でうすめてハチミツを加えて飲むと、安眠効果があります。イライラの解消にも効果的です。



バナナのパワー [果物のパワー]

《 バナナ Banana 》

マレーシア原産のバショウ科の植物。
人類最古の食物のひとつで、学名の「楽園の実 Musa Paradisiaca」は、エデンの園で蛇がイブを誘惑した時にバナナの陰に隠れていたと言う伝説があります。
『バナナ』と言うのはアフリカのコンゴ地方で呼ばれている名前から来ています。

炭水化物の量は約30%あり、熟するにつれ果糖、ブドウ糖、ショ糖が増えて甘くなります。
2本でご飯一杯分のカロリーがあるので、病人や子供の栄養食に適しています。
また消化が良く栄養のバランスが良い事に加え、即効性と持続性のあるエネルギー源としてスポーツ選手の食事にも取り入れられています。

またタンパク質の合成に欠かせないビタミンB6が豊富なので、筋肉増強や、皮膚や髪のケアに効果があります。複数のポリフェノールも多く、抗酸化作用があるので、血流を整えコレステロールを改善し、アンチエイジングも期待できます。

バナナは南方の食物なので体を冷やす働きがあります。冷え性や貧血気味の人は食べ過ぎに注意しましょう。

近年ではバナナの中のファイトケミカルが血液中の白血球を増やし免疫力をアップさせることが解ってきました。特に黒い斑点が出た完熟バナナに効果があることがわかっています。

バナナは青いまま冷蔵庫に入れると追熟せず甘くなりません。完熟させてから冷蔵庫に入れたほうが良いですが、3日以上保存したいときには皮を剥いて一本づつラップに包んで冷凍庫へ。あらかじめ一口大にカットしておくと使いやすいです。


・・・・。。。。 冷凍バナナで作る冷たいジュース 。。。。・・・・

●冷凍バナナとオレンジジュース

●冷凍バナナと豆乳(または牛乳)とインスタントコーヒー

●冷凍バナナと豆乳(または牛乳)とココア

●冷凍バナナとパイナップルジュースと人参ジュース

●冷凍バナナと桃と牛乳

●冷凍バナナと青汁(粉末を使う時には水や豆乳を加える)

※冷凍バナナは色々な果物と相性が良いので、自分のお気に入りを見つけるのも楽しいですよ。


メロンのパワー [果物のパワー]

《 メロン Melon 》


インド原産のウリ科の植物。
メロンの歴史は古く、有史以前にエジプトやギリシャで栽培されていたようです。
日本には弥生時代に伝来しました。

同じウリ科のスイカと同様カリウムを多く含んでおり、利尿作用があり、むくみや高血圧、腎臓病の予防や改善に有効です。

原産地が南方のインドという事もあり、体を冷やすので、暑気払いや発熱時の口の渇きを癒すのに効果があります。冷え性の人は食べ過ぎに注意しましょう。

またビタミンCが豊富なので、紫外線によるシミを予防し美肌づくりの助けになります。



・・・・。。。。 マスクメロンのブランデーがけ 。。。。・・・・

完熟したマスクメロンの贅沢な食べ方をご紹介しよう。

完熟のマスクメロンを半分に切り、種を取り除いたくぼみにブランデーを注いでトロトロの果肉となじませながら食す。

まさに贅沢の極み・・・

日本酒でもイケル。


みかんのパワー [果物のパワー]

《 蜜柑 Mandarin 》


アジア南部原産のミカン科の植物。

日本には6世紀頃に伝わり、昔は「橘」「柑」と呼ばれていました。【蜜】と付けられたのは室町時代に品種改良により甘いミカンが作られるようになってからです。

一般的にミカンと言えば温州みかんの事で、果肉にはビタミンAとCが非常に多く、2個で一日の摂取量が補えます。
そのほかにはビタミンE、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラルが多く、さらにクエン酸やビタミンPも含まれます。ビタミンPはビタミンCと組み合わされると血管の老化や出血を予防します。

また近年では、ミカンのオレンジ色の色素を構成しているβ‐クリプトキサンチンに強力な発ガン抑制効果あることが解明されました。
ミカンの栄養素を効率的に摂取するには、ミカンの袋ごと食べるのがおすすめです。

ミカンは冬の果物のイメージがありますが、原産は南方ですので体を冷やす作用があります。
そのため発熱したときの水分補給にはとても有効ですが、冷え性の人が食べ過ぎると冷えが増すので注意が必要です。一日2個が目安です。


*****おばあちゃんの知恵袋(民間療法)*****

●風邪・・・ミカンを丸ごと焼き網に乗せて弱火で黒焼きにします。熱い果肉を食べると初期の風邪に効果的です。

●しもやけ・・・ミカンの果汁をつけてマッサージします。

●胃の不調、咳止め・・・ミカンの皮を細かく刻んで一週間天日で乾燥させたもの(漢方薬の陳皮)を、500ccの水に陳皮と生姜を各5g加えて半量になるまで煎じたものを飲む。

※ミカンやそのほかの柑橘類を皮ごと使いたい時に気になるのが農薬ですね。ホワイトリカーや清酒で表面をもみ洗いするか、塩でこすり洗いすると表面のワックスや農薬を除去できます。


・・・・。。。。 オヤジおすすめ! 甘夏の酢漬け 。。。。・・・・

酢は体に良いと分かっていても、男子は敬遠しがちであるな。
夏みかんの品種改良で随分食べやすくなった甘夏だが、やっぱり酸っぱい。
そこでオヤジは、りんご酢に蜂蜜を加えて甘酢を作り、皮を湯剥きしたトマトと、皮を剥いた甘夏を漬け込んでみた。
冷蔵庫でほんの1時間ほど放置。トマトも旨いが、甘夏も驚きの旨さである!我が家の定番になったのは言うまでもない。


・・・・。。。。 サングリア 。。。。・・・・

お店で飲むサングリア。家庭でも簡単に作れます。

①オレンジとレモン1個づつを輪切りにして、ピッチャーや口が大きな瓶に、切ったオレンジとレモン、グラニュー糖大さじ3、シナモンスティックを入れて、赤ワイン1本を注ぎ入れます。

②丸一日、冷蔵庫で寝かせたら出来上がり。

※炭酸で割っても美味しいです。


前の10件 | - 果物のパワー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。