So-net無料ブログ作成

果物はどこの部分が甘いのか? [果物雑学]

家に果物が無いと落ち着かないオヤジは、毎朝必ず果物を食べる。甘い果物も、たまにハズレな果物も、全部ひっくるめていかに美味しく食べるかを工夫している。
甘さあっさり系はジュースやジャムにするにしても、やはり果物は生で食べるのが一番の贅沢だろう。

誰でも果物屋さんやスーパーで、果物が逆さまに陳列されているのを見たことがあるかと思う。

特に、梨、柿、大玉の柑橘類など。
理由は、一番甘いところがお尻なので、逆さまに置くことで甘味が全体に行き渡るようにしているそうだ。

最も分かりやすいのがパイナップルで、葉付きを購入したら葉っぱをカットして、完熟するまで葉っぱが付いていた方を下に置いておくと、甘さが頭の方まで行き渡るぞ。

一口で食べてしまうことが多いので分かりにくいが、イチゴも先端の方が甘い。
しかしイチゴは日持ちしないので長く置くことが難しい。なので縦に切ればバランスよく甘いところが食べられるんだな。

さてブドウは? 下ではなく頭の方が甘いのだ。軸が付いているほうだな。
食べる時には味がうすい下から食べると、最後に甘いところが食べられて満足できるのだ。

スイカは分かるな? そう真ん中だ。
スイカをカットする時は、中心の真ん中を軸に放射状にカットすると、切った先っちょに甘いところがくる。

リンゴはどうだろうか?リンゴは真ん中からお尻の方にかけて甘くなっている。カットする時は縦割りがおすすめだ。

ところで、サンふじやサンつがるなど、中心に蜜が寄っている品種があるが、あの蜜は「ソルビトール」という糖質アルコールの一種だ。ソルビトールとは、葉の光合成によって作られる物質で、成長段階において葉から軸を通って果実内に運ばれ、実の中でりんごの甘味である果糖やしょ糖に変換される。しかしりんごが完熟すると、ソルビトールは糖分に変わるのをやめてしまい水分を吸収しようとする。これが「蜜」に見える物質になるらしい。
しかし、ソルビトール自体はしょ糖や果糖の5割程度の甘さしかないので、その部分だけを食べてもあまり甘くは感じないんだな。
蜜入りじゃなくても糖度が高いリンゴはいくらでもある。蜜入りが甘いと思い込んでいるアナタ、もっと色々な品種を食べ比べて、自分好みのリンゴを見つけてはいかがだろうか?



スポンサーリンク


Oisix(おいしっくす)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。