So-net無料ブログ作成

ぶどうのパワー [果物のパワー]

《 葡萄 Grape 》

コーカサス地方原産のブドウ科の植物。
紀元前3000年のエジプト文明時代から栽培されており、日本には12世紀に伝わり、平安時代には栽培されていました。

ブドウの主成分はブドウ糖と果糖で、ブドウ糖は医療でも主に疲労回復として使われています。
ブドウには多くのビタミンやミネラルが含まれており、まさに栄養剤なみの食べ物です。
最近では、皮に含まれるレスペラトロールが、活性酸素を除去し、心臓病やガンをはじめ、様々な病気の予防に役立つことが解ってきました。

ブドウは世界各国でも民間療法の素材として古くから利用されてきました。
イギリスでは不眠症やむくみの妙薬として用いられるほか、オーストラリアやドイツでは収穫期にブドウだけを食べて過ごし生活習慣病を治療する方法「ブドウ療法」が行われています。

貧血には鉄分などが凝縮された干しブドウ(レーズン)がおすすめです。

またブドウの皮にはポリフェノールが多く含まれ、長寿遺伝子を活性化させる研究結果もあります。
ジュースにして皮ごと摂取するのがブドウの栄養を効果的にとる方法です。



☆☆オヤジのチョーイチオシブドウ『シャインマスカット』☆☆

大粒・激あま・種なし・皮ごと食べられる 房も大きくて見栄えのするマスカット(^^♪
文句のつけようがないんじゃないっすか?
九州では主に、大分の日田や天ヶ瀬で栽培されており、初めて食べたのが平成24年の夏。確か7月下旬だったかなぁ・・・
あまりのゴージャスさに一瞬ひるんだものの、誕生日が近かった事もあり思いきって2房購入。
店で計量してもらったら2房で1.8kg。ん?100g計算だとパック売りの巨峰よりもぜんぜん割安じゃん。

翌日の朝、冷えたシャインマスカットを一粒口に含み、奥歯でシャリっと噛んだ瞬間、あふれ出す冷たい果汁、次に押しよせる濃厚な甘さ!
九州でもこんなに美味いブドウが作られるようになったんだなぁ・・・感涙

昨年(平成25年)は、これをお中元に配りまくったことは言うまでもなく、しかもこんなに喜んでもらえた品もなかったな~。

今年ももうすぐシャインマスカットのシーズンがやってくる。
日本の研究熱心な生産者に感謝!




スポンサーリンク


Oisix(おいしっくす)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。