So-net無料ブログ作成

キウイフルーツのパワー [果物のパワー]

《 キウイフルーツ Kiwifruit 》

中国原産のマタタビ科の落葉つる性小木。中国名を「羊桃」と言う。

1900年頃にニュージーランド人が中国から種を持ち帰り、品種改良によって甘いキウイフルーツが作られました。見た目がニュージーランドの代表的な鳥であるキウイに似ていることから、この名前が付けられました。

日本には1964年東京オリンピックの年に輸入されましたが当時は一般的ではなく、70年代半ばに入ってから普及しました。

キウイフルーツはビタミンCが非常に多く、1個で一日の必要量を摂取できます。

ペクチンも多く含まれ、便秘の解消や高脂血症、糖尿病の予防に役立ちます。

また銅も含まれていますので、血を作る働きをします。

キウイフルーツはタンパク質分解酵素のアクチニジンが含まれているので、お肉を食べた後に食べると胃もたれを防ぎ消化を助けます。

近年では国産のキウイフルーツも出回るようになりました。
我が福岡でも八女茶で有名な八女で生産が盛んです。




スポンサーリンク


Oisix(おいしっくす)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。