So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

リンゴのパワー [果物のパワー]

《 林檎 Apple 》

コーカサス原産のバラ科の植物。
人類が食べる最古の果物のひとつで、創世記のアダムとイブが食べた「禁断の実」=リンゴは、あまりにも有名です。

またギリシャ神話には「人を永遠の世界に導き、永遠の生命と幸福を与えてくれる果実」として登場します。

イギリスには、「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」と言うことわざがありますが、実際リンゴにはビタミン類、酵素、有機酸、糖類、ミネラル類がバランスよく含まれています。

リンゴを毎日食べると、高血圧を予防でき、肝臓がん細胞の増殖が抑制されたという研究報告もあります。
これらの要因に、便通をよくして、血中コレステロールを下げるペクチンや、腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖、活性酸素を除去するポリフェノールが含まれているためだと考えられています。

また、リンゴ酸には炎症を癒す作用があるので、気管支炎や膀胱炎などの治癒を助けてくれます。

漢方でも、リンゴは「元気をつけ、だ液を出して渇きを止め、胃腸の働きを良くする」としています。



・・・・。。。。 おばあちゃんの知恵袋(民間療法) 。。。。・・・・

●下痢・・・果実一個を皮ごとすりおろして食べる

●便秘、高血圧・・・果実一個を皮ごと食べる

●肥満、生活習慣病・・・ニンジン2本とリンゴ1個をミキサーにかけて飲む(朝食をこれだけにする)



★リンゴの皮のベタベタはワックスなの?

いいえ、違います。

りんごは成熟するにつれてリノール酸やオレイン酸などの脂肪酸が増えてきます。

これが皮に含まれるロウ物質を溶かして表皮に現れてくるため、ベタベタネトネトしたように状態になります。

これは、りんご自身の天然のロウ物質が、保温や水を通さない役目をしているので、完熟して食べ頃になったしるしとも言えます。

特に、ジョナゴールド、つがる、千秋などでよく見られますが、ふじや王林はあまりベタベタしません。



イチジクのパワー [果物のパワー]

《 無花果 Fig 》

アラビア南部原産のクワ科の植物。
人類が食べる最古の果物のひとつで、紀元前3000年には既に栽培されていました。
旧約聖書に最初に登場する木がイチジクで、創世記に『アダムとイブがイチジクの葉を綴りて前垂れをつくれり」とあります。

日本には1630年頃に伝わりました。イチジクの語源は、ペルシャ語のアンジールからイチジクになった説と、実が一日に一個熟すから一熟でイチジクになった説があります。

イチジクが無花果と書く由来は、中国の唐時代の書物に「花無くして実あり」と記述があることから来ているようです。

しかし、実とされる食用部分は肥大した花房です。イチジクは花も実も無い植物と言えますね。

イチジクは昔から民間療法や漢方薬でも重宝されてきました。
糖分を大量に含み、ビタミンB1、B2、C、カルシウムも多く含まれています。

イチジクは下痢止めや痔の薬としても有名です。中国では「五痔」の薬として使用されています。

イチジクには消化酵素も大量に含まれているため、胃腸が弱い人や妊婦さんでも安心して食べられる果物です。


・・・・。。。。 おばあちゃんの知恵袋(民間療法) 。。。。・・・・

●イボ、魚の目、水虫・・・イチジクの葉や茎を切ると出てくる白い乳液を擦り込む

●便秘、下痢・・・果実をよく噛んで、一日に5~6個食べる

●痔のはれ、痛み・・・イチジクの葉を煎じた液で患部を洗う



ファイトケミカル [果物雑学]

果物や野菜には数々のビタミンやミネラルが存在しています。
ビタミンやミネラルが不足すると、体調不良や疾病を引き起こしますが、それらを改善するのに果物や野菜を摂取して予防しようと考えられています。

ビタミンやミネラル以外にも、植物が生産する非栄養成分をファイトケミカルと呼んでいます。

その代表的な成分がポリフェノールです。
ポリフェノールは、植物の葉や茎、花、果皮、種などに含まれています。
色素成分のフラボノイドとアントシアニン、渋み成分のカテキン(タンニン)もポリフェノールの一種です。

ほかにもファイトケミカルの一種でカロチノイドがあります。
人参のカロチンや、トマトのリコピンがそうです。

また、イソフラボン、サポニン、ルチン、MMSCなど、最近よく耳にする体に良い栄養素もファイトケミカルなのです。

ファイトケミカルは、体内に入ってきた有害物質を解毒、除去する力があり、抗酸化作用を発揮します。

一口にファイトケミカルと言っても、その種類は3000種以上と言われています。
果物、野菜、豆類、穀物、種類など、ファイトケミカルを含む食物を摂取することは、白血球の働きを高めて免疫力をつけます。

ファイトケミカルを有効的にとる方法として、朝食に肉類を取らずに、果物と野菜をたっぷりと摂り少量の穀物を食べることです。
昼食や夕食は腹八分目に自由に食べてもかまいませんが、朝食だけでも気をつける習慣を持ちたいものですね。

果物はどこの部分が甘いのか? [果物雑学]

家に果物が無いと落ち着かないオヤジは、毎朝必ず果物を食べる。甘い果物も、たまにハズレな果物も、全部ひっくるめていかに美味しく食べるかを工夫している。
甘さあっさり系はジュースやジャムにするにしても、やはり果物は生で食べるのが一番の贅沢だろう。

誰でも果物屋さんやスーパーで、果物が逆さまに陳列されているのを見たことがあるかと思う。

特に、梨、柿、大玉の柑橘類など。
理由は、一番甘いところがお尻なので、逆さまに置くことで甘味が全体に行き渡るようにしているそうだ。

最も分かりやすいのがパイナップルで、葉付きを購入したら葉っぱをカットして、完熟するまで葉っぱが付いていた方を下に置いておくと、甘さが頭の方まで行き渡るぞ。

一口で食べてしまうことが多いので分かりにくいが、イチゴも先端の方が甘い。
しかしイチゴは日持ちしないので長く置くことが難しい。なので縦に切ればバランスよく甘いところが食べられるんだな。

さてブドウは? 下ではなく頭の方が甘いのだ。軸が付いているほうだな。
食べる時には味がうすい下から食べると、最後に甘いところが食べられて満足できるのだ。

スイカは分かるな? そう真ん中だ。
スイカをカットする時は、中心の真ん中を軸に放射状にカットすると、切った先っちょに甘いところがくる。

リンゴはどうだろうか?リンゴは真ん中からお尻の方にかけて甘くなっている。カットする時は縦割りがおすすめだ。

ところで、サンふじやサンつがるなど、中心に蜜が寄っている品種があるが、あの蜜は「ソルビトール」という糖質アルコールの一種だ。ソルビトールとは、葉の光合成によって作られる物質で、成長段階において葉から軸を通って果実内に運ばれ、実の中でりんごの甘味である果糖やしょ糖に変換される。しかしりんごが完熟すると、ソルビトールは糖分に変わるのをやめてしまい水分を吸収しようとする。これが「蜜」に見える物質になるらしい。
しかし、ソルビトール自体はしょ糖や果糖の5割程度の甘さしかないので、その部分だけを食べてもあまり甘くは感じないんだな。
蜜入りじゃなくても糖度が高いリンゴはいくらでもある。蜜入りが甘いと思い込んでいるアナタ、もっと色々な品種を食べ比べて、自分好みのリンゴを見つけてはいかがだろうか?

ぶどうのパワー [果物のパワー]

《 葡萄 Grape 》

コーカサス地方原産のブドウ科の植物。
紀元前3000年のエジプト文明時代から栽培されており、日本には12世紀に伝わり、平安時代には栽培されていました。

ブドウの主成分はブドウ糖と果糖で、ブドウ糖は医療でも主に疲労回復として使われています。
ブドウには多くのビタミンやミネラルが含まれており、まさに栄養剤なみの食べ物です。
最近では、皮に含まれるレスペラトロールが、活性酸素を除去し、心臓病やガンをはじめ、様々な病気の予防に役立つことが解ってきました。

ブドウは世界各国でも民間療法の素材として古くから利用されてきました。
イギリスでは不眠症やむくみの妙薬として用いられるほか、オーストラリアやドイツでは収穫期にブドウだけを食べて過ごし生活習慣病を治療する方法「ブドウ療法」が行われています。

貧血には鉄分などが凝縮された干しブドウ(レーズン)がおすすめです。

またブドウの皮にはポリフェノールが多く含まれ、長寿遺伝子を活性化させる研究結果もあります。
ジュースにして皮ごと摂取するのがブドウの栄養を効果的にとる方法です。



☆☆オヤジのチョーイチオシブドウ『シャインマスカット』☆☆

大粒・激あま・種なし・皮ごと食べられる 房も大きくて見栄えのするマスカット(^^♪
文句のつけようがないんじゃないっすか?
九州では主に、大分の日田や天ヶ瀬で栽培されており、初めて食べたのが平成24年の夏。確か7月下旬だったかなぁ・・・
あまりのゴージャスさに一瞬ひるんだものの、誕生日が近かった事もあり思いきって2房購入。
店で計量してもらったら2房で1.8kg。ん?100g計算だとパック売りの巨峰よりもぜんぜん割安じゃん。

翌日の朝、冷えたシャインマスカットを一粒口に含み、奥歯でシャリっと噛んだ瞬間、あふれ出す冷たい果汁、次に押しよせる濃厚な甘さ!
九州でもこんなに美味いブドウが作られるようになったんだなぁ・・・感涙

昨年(平成25年)は、これをお中元に配りまくったことは言うまでもなく、しかもこんなに喜んでもらえた品もなかったな~。

今年ももうすぐシャインマスカットのシーズンがやってくる。
日本の研究熱心な生産者に感謝!


かきのパワー [果物のパワー]

《 柿 Japanese Persimmon 》

中国原産のカキノキ科の落葉高木。
日本への伝来は飛鳥時代と言われており、平安時代には干し柿が盛んに作られていたとの記録があります。

最近では、ヨーロッパやアメリカでも『KAKI』の名前で店頭に並んでいるようです。

柿の実は昔から二日酔いさましに良いと言われていますが、実際に柿にはアルコール分解酵素があります。またカリウムが豊富に含まれているので利尿を促してくれるのが酔い覚ましに効くとされているのでしょう。

ほかには、リンゴの約500倍のビタミンCが含まれ、ビタミンA、糖分、ペクチン、タンニン、が豊富な栄養価の高い果物です。タンニンは血管をしなやかにする効果があるので、高血圧や脳卒中の予防にも良いとされています。

日本特産の甘柿は糖度が高く、渋柿が主流の中国や韓国でも人気がありますが、生柿を食べ過ぎるとお腹を冷やし、腹痛や下痢をおこす場合があります。そのため、冷えからくる神経痛やリウマチの人は注意しなければなりません。

生柿は体を冷やす陰性食品ですが、干し柿になると体を温める陽性食品に変化します。
干し柿は、胃腸を丈夫にし、体力を補い、咳や痰を沈め、二日酔いにも効きます。



〇〇〇〇〇 渋柿から渋を抜く方法 〇〇〇〇〇


①アルコール脱渋

ヘタの部分を焼酎に浸してビニール袋に入れて口を縛っておく。約一週間で渋が抜ける。


②リンゴ脱渋

渋柿とリンゴを一緒のビニール袋に入れて口を縛っておく。約一週間で渋が抜ける。
渋柿5個に対してリンゴ2個が目安。



・・・・。。。。 柿酢の作り方 。。。。・・・・

昔からの健康食として柿酢が有名だが、オヤジも一度挑戦したことがある。
作り方は大変イージー。かめに柿の実をいっぱいに詰め込んで1年間ほったらかしておくだけ。
自然に発酵して酢が溜まるので、それをガーゼで濾して口が狭い焼酎の瓶などに移して、更に半年から1年熟成させる。
酢ひとつ作るのに気の長いことだが、3年経った今も綺麗な飴色の柿酢を、気が向いたときにハチミツと氷を加えて飲んでいる。



すもものパワー [果物のパワー]

《 すもも Japanese Plum 》

バラ科の植物で、コーカサス地方南部の西洋スモモと、中国原産のスモモがあり、中国から渡来したスモモが日本で広がりました。
スモモの歴史は古く、古記事や日本書紀、万葉集にも登場します。

スモモ(酸桃)の名前の由来は、熟す前は酸味が強いからです。

スモモは、英語でプルーン、フランス語でプラムと呼ばれています。

中国では古くから健康に役立つ五果の一つとして大切にされてきました。
スモモは肝を養い、肝熱を治し、瘀血を防ぐとされ、漢方薬としても使用されてきました。

酸味成分は、クエン酸、リンゴ酸、コハク酸などの有機酸で、疲労回復に効果があります。
また、鉄の含有量は果物の中でも断トツに多く、貧血の予防や改善に最適です。
貧血の薬で胃もたれする人は、プルーンを代用すると良いようです。

ドライフルーツのプルーンは、鉄、ビタミンA、カルシウム、カリウムなどが凝縮された優れた健康食品です。食物繊維のペクチンも多く、便秘の解消にも役立ちます。

最近では、活性酸素を除去するクロロゲン酸が含まれることも確認されており、常備したい食物のひとつですね。


****** おばあちゃんの知恵袋(民間療法) ******

●二日酔い・・・生食が一番効果的。ニ、三個食べることで、有機酸が肝臓の働きを促進させ、利尿を促す。

●便秘・・・紅茶二杯にドライプルーン4個、砂糖適量を入れて、柔らかくなるまで煮て紅茶も一緒に食べる。


・・・・。。。。。 プラム酒 。。。。。・・・・

梅雨のわずかな時期にしかお目にかかれない『奄美プラム』でプラム酒を作ろう!
奄美プラムは深いワイン色の果肉が特徴で、プラム酒にすると赤ワインのような真紅の色が楽しめます。

奄美プラム1kg ホワイトリカー1.8L 氷砂糖300g~500g
3か月目から飲めるようになります。


果物で酵素作り [果物雑学]

オヤジは5年ほど前から酵素を作っている。
体に何が良いのか、何が効くのか分らないが、果物の栄養素を効率よく体に取り入れられるのは間違いない。
とにかく酵素作りは楽しい。どんな味になるのか、どんな風味になるのかを想像しながら作るのは、ストレス解消にも一役かっている。

作り始めた当初は、野菜や芋を使ったり、ヨモギやユキノシタなどの野草を使ったりもしたが、個人的に匂いが気になるので、昨年からはショウガと果物で作っている。

材料は 果物と白砂糖 分量は果物1に、白砂糖1.1
果物1㎏なら、白砂糖が1.1㎏

作り方は、

①広口瓶に、果物をよく洗い皮も種も付けたままザクザクと切って、砂糖くだもの砂糖くだものの順に置いていき、最後の一番上に砂糖で蓋をするようにまんべんなく砂糖を敷き詰める。

②ビニールで口を覆いゴムで止めておく。

③一晩置いたら水分が出ているので、砂糖を溶かすように素手で下からかき混ぜる。この素手でかき混ぜるのが大きなポイントで、手に付着している常在菌が酵素を美味しくしてくれるらしい。ぬか漬けやおむすびが美味しくなるのはそのためだな。毎日一回かき混ぜることによって腐敗を防ぎ、発酵の手助けになる。

④発酵が完全に治まったら、蓋をして保存する。

オヤジは春先に作って、夏を越してからのものを飲むようにしている。なんとなく夏を腐らずに越えてくれると強くなった気がするからだ。最低でも6か月は寝かせる。

飲みかたは好みで、ロックにしたり、水や炭酸で割ったり。くずきりやわらび餅にかけても旨い。


これまでに作って味に特徴が出て美味しかった材料は

●ショウガ+カボス+梅(カボスの代わりに摘果ミカンやユズ、ダイダイ、シークワーサーなどでもOK)

●ショウガ+リンゴ+キウイフルーツ


イメージ的にメロンやイチゴも美味しそうだが、腐敗臭がするのでお勧めできない。


キウイフルーツのパワー [果物のパワー]

《 キウイフルーツ Kiwifruit 》

中国原産のマタタビ科の落葉つる性小木。中国名を「羊桃」と言う。

1900年頃にニュージーランド人が中国から種を持ち帰り、品種改良によって甘いキウイフルーツが作られました。見た目がニュージーランドの代表的な鳥であるキウイに似ていることから、この名前が付けられました。

日本には1964年東京オリンピックの年に輸入されましたが当時は一般的ではなく、70年代半ばに入ってから普及しました。

キウイフルーツはビタミンCが非常に多く、1個で一日の必要量を摂取できます。

ペクチンも多く含まれ、便秘の解消や高脂血症、糖尿病の予防に役立ちます。

また銅も含まれていますので、血を作る働きをします。

キウイフルーツはタンパク質分解酵素のアクチニジンが含まれているので、お肉を食べた後に食べると胃もたれを防ぎ消化を助けます。

近年では国産のキウイフルーツも出回るようになりました。
我が福岡でも八女茶で有名な八女で生産が盛んです。


グレープフルーツのパワー [果物のパワー]

《 グレープフルーツ Grapefruit 》


西インド諸島の原産のミカン科の常緑小高木。正式名称は「ポメロ Pomelo」。
ブドウのように房になって実が付くように見えることからグレープフルーツと呼ばれるようになりました。
現在、フロリダとカリフォルニアで世界シェアの80%を生産しています。

グレープフルーツの含有成分はほかの柑橘類とほぼ同じですが、ビタミンCは、レモン、オレンジに次いで多い果物です。常食すると脳血管障害(脳卒中)や心臓病の予防に役立ちます。


注意しなければいけないことは、血圧を下げる薬のうち、「カルシウム(Ca)拮抗薬」という種類の薬は、「CYP3A4」という酵素で分解され排泄されます。
グレープフルーツジュースはこの酵素の力を弱めてCa拮抗薬の分解を遅くするため、薬が効きすぎて血圧が異常に下がってしまう危険性があります。
薬を飲んで4時間経ってから食べるように注意が必要ですが、人によってはグレープフルーツの成分効果が持続する場合がありますので、降圧剤を常飲している人は食べないほうが無難です。

そのほかの栄養素として、酸味のもとであるクエン酸が豊富です。だ液と胃液の分泌を促すので、食前に食べるのがおすすめです。

グレープフルーツにはホワイト(白肉)とルビー(赤肉)がありますが、赤肉のほうがよりβカロチンが多いので体内の活性酸素を取り除く力が強く、ガン予防には有効です。

またグレープフルーツはダイエットにも期待できることが解っています。香り成分のヌートカトンがエネルギー生産をアップさせるので、継続して摂取したり、香りを嗅ぐことによってダイエット効果があると言う研究データがあります。


****** おばあちゃんの知恵袋(民間療法) ******

●タバコを吸う人は、生ジュースをコップ1杯毎日飲むと、ビタミンCがニコチンの解毒をしてくれます。

●生ジュースをお湯でうすめてハチミツを加えて飲むと、安眠効果があります。イライラの解消にも効果的です。



前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。